FC2ブログ
2008-08-30(Sat)

福生のビール小屋にて

久しぶりに 仲間に会いました。
久しぶりって言っても数ヶ月ぶりなんだけどね。

仲間って 子どもが0歳児から付き合っている お母さん仲間 5人。
乳児検診で知り合い それからお互いの家を行き来したり、お花見に言ったり、旅行をしたり。
育児ノイローゼになる暇がないくらい、楽しみを見つけては行動をともにした仲間たち。
この15年いろんなん歴史があった5人です。
はじめは 0歳児を一人抱っこして出かけるのがやっとだったのが、第二子が産まれ、成長し、第三子が産まれ、母もだんだんたくましく成長していきました。
一人の女の子が病気で入院したときは 皆が心を痛め、回復を心から喜びました。
一人が引っ越しをすると 新築祝いを口実に集合し楽しい時を過ごしました。

子育て中は悩みが多いものです。ある人のちょっとした悩みについてもみんなで考え、人の子もわが子のように叱り、褒め、支えあって子育てしてきたような気がします。

私が飯能に引っ越してきてからも 毎年みんなでお泊りにきてくれました。
総勢15名。川で遊んだり、温泉にいったり、親も子も童心に返って遊びました。
 夜は子どもを寝かして宴会、でも寝たい人は寝る。
食べたい人は食べる、風呂にはいりたい人は勝手に入る、それができる友達ってなかなかいないんですよね

この日も、美味しいお酒とお料理で話が弾みます。

それぞれの子どもたちが もう15歳。高校受験の話しもちらほら。
あんな小さかったあの子に彼女が?とか 、女の子のおませな話とか、小さいころを知っているだけに、人の子なのに成長がとてもうれしく 驚きもあります。
仕事の話、お姑さんの話、旦那の話。次ぎから次ぎへと みんながしゃべりたい事をしゃべる。
げらげら笑う。

このメンバーで飲むときは ほっとします。
本音と思いやりのある会話。
5人は 年齢も違うし性格も全く違う。
共通していたのは
わが子の成長にただただ一生懸命で、それでいて自分の楽しみを見つけようとアンテナを張っていたこと。人に依存せず 一人で行動できる5人でした。

昨日もビールを飲みながら大いに語り、名残惜しいまま別れました。
いつもなら カラオケにいこう!というノリなのですが、ビール小屋は閑静な住宅街にあります。
その静けさの中 手を振り家路につきました。
楽しさの余韻を味わいながら 。

次会えるのはいつかな??
スポンサーサイト
2008-08-26(Tue)

今年の親孝行は

毎年秋から冬にかけて、両親にささやかながらお小遣いをあげます。
なぜその時期かというと
11月がお店のOPEN記念なわけで、毎年その時期になると続けてこられた事に関してすべての人たちに感謝します。周りの友人、家族、田舎の両親、お客様…
もちろんOPEN記念のイベントで友人たちやお客様には感謝の気持ちを表すのですが、遠くはなれた盛岡の両親にはささやかながらお小遣いをあげてきたのでした。
もちろん主人の両親も同様。
このように無鉄砲にチャレンジ精神旺盛に育ててくれて、お父様お母様ありがとう??

今年はというと いいことを思いつきました。
仕事の関係で知人から相撲秋場所のお誘いを受けました。
そうだ!相撲好きの父を招待してあげよう!
父はおととし癌をやっていて 食事制限もあり、インシュリンをうっています。
その関係で外出や旅行を面倒くさがるのですが、今回は違いました。

「冥土の土産に1回ぐらい行ってみるか!!」といい盛岡から東京に出てくる事になりました。
相撲など全くわからない母も付き添いでくる事になり、私としては 親孝行のつもりでご招待です。
ただただ 両親の喜ぶかみたいと思いました。

思えば19歳から上京し それから両親とはたまに会う程度です。
地元の大學を出て地元で結婚して欲しいというのが 両親の希望でしたが、期待には応えられなかった私。
親孝行できていないなあとしばしば思います。
まあ、今親になってみると、子どもが元気で幸せにいてくれればいいと思うので、今の私はOKでしょうか?

9月が大相撲。
楽しみです。
2008-08-19(Tue)

パズルができました。

1000ピースのパズル、完成まであと少し。
ナイトメアビィフォアクリスマス。
あと20ピースくらいで完成というとき 子どもたちも集まり、我先にと埋めていきます。

しかしなんと 1ピース足りなかった。;
しかも人の顔の鼻がない。
なんとも間抜けな話。

長男はこれじゃ意味がないと 一生懸命ピースを探していた。

でも こんなパズルの完成があってもいいのでは?
1ピース、しかも顔の真ん中鼻のピースがないなんて、お茶目で笑える。
これはこれで汗と涙の?結晶です。

探してるものって出てこないんですよね。
追いかけると逃げるって感じ。
だから私は結構諦めがいいタイプで、そうしているとヒョイっと出てくる。

それに忘れたころそのパズルが出てきたら 喜びは倍増でしょ?
運命的なものを感じるでしょ?

などと思いながら 鼻なしのパズルに糊付けしました。
完成!!
2008-08-18(Mon)

パズルにはまってしまった

ずっと前に 長男が買ってきた1000ピースのパズル。
途中挫折して、ほったらかしになっていた。

夏休みのある日 どういうわけか二男が取り組んでいた。
思ったより進んでいる

二男は 勉強は好きではないが 物をつくったらり 絵を描いたりするセンスがある子である。
一緒にやってみみようかと参加したところ 私はさっぱり進まない。
しかし、二男は わたしが1個できるかできないかといううちに 3個ぐらいはめている。動物的勘というか、絵を捕らえる眼があるのか?
「これはどの部分かなあ?」と聞くと「これはその手の部分だと思うよ」と答えてくれる。
しかもすごい集中力。 これを少し勉強にむけてくれたら…と思ってしまった。

やっているうちにとまらなくなってしまった。
はまったときの喜びが忘れられない。
「やったぁ!!顔ができてきたぁ!!」 となると欲が出る

パズルがはまるのには ちゃんと根拠がある。偶然ではうまくいかない。
この部分は薄いブルーで亀みたいな形、とか白でも少しグレーがかったグレーを探してはめてみようとか。
そして面白いもので、1つはまると 一気に4つくらいできたりする。
中々進まないときは 違うコーナーをやってみたりする。
そうするとさっきできなかったのに 謎が解けたりする。
さっきいくら探してもみつからなかったパーツが出てきたりする。

何かに似てるなあと思った。
勉強の仕方。
人間関係。
ちょっとしたコツが 大切だと感じた。
やっていくうちに 上達するものです。

気がついたら 私一人、夜の12時を回っていた。
仕上げて子どもをびっくりさせてやろう!!とがんばった。
完成には至らず 朝の3時半。
でも 大分仕上がり うれしく 我ながらすごいと思いました。
睡眠1時間半。

しかしこんなにはまってしまったのは久しぶり。
他のことを何も考えず、没頭できた楽しい時間でした。
2008-08-16(Sat)

原点回帰

昔の写真が出てきた。
自宅ショップのころの写真。
うちの3人のこどもが幼い。
今スタッフとして働いている友人が お客さんとして写っている。
自分で言うのもなんだが、自宅の2階とは思えない。

3番目の子が1歳になったとき、何かやりたいと思った。
もともと私は 常に現状に満足しないタイプで、自分はまだ何かできると思っている。

こども部屋になる予定の2階の15畳の部屋が空いていた。

はじめの思いつきは 塾をやろうかと思った。公文とか。
教員の道を自分には合わないと思いアパレルのしごとについたのに 今さら子どもに勉強を教えられるのだろうか?
ぴんとこないので やめた。
一応学研の人に来てもらい説明だけは聞いたのだが。

そこで思いついたのが リサイクル部屋。
フリーマーケットを友人としょっちゅうやっていた。
アパレル時代の自分の服もあるし、洋服を処分したがっている友人はたくさんいる。
そうだ、 お店にしてしまえ!!

人というのは 思いがけないパワーが突然出てくる時期がある。
誰に背中を押されたわけでもないのに、フットワークも軽く、迷いなくも、世間体も気にしない。
私だけなのだろうか?A型の私なのに、石橋をたたこうともしなかった。
思いついた次の日には もう2本のラックを並べお店屋さんを始めた。
まだ 子どもは小さく、田舎の2階で?
思えば 何であんなパワーがあったのだろう??

思いがけず田舎に引越し、何でも自分で開拓していかなければと思った。
ある意味たくましくなっていたのだろうか?

出来事にはすべて意味があると思う。
義理の父が 飯能という土地を気に入り、主人に移り住む事を薦めた。
父の一言がなければ 私は自宅ショップをするようなストーリーにはならなかった。
友達ができすさびしかった事も、次の出来事のためのステップだったのかも。
そう思うと 毎日の出来事が 重要な意味を持つように思える。
自宅ショップは3年半続いた。あれから9年以上の月日が流れている。

あのころ 1歳で 洋服の下で遊んでいた三男が5年生になった。
2008-08-05(Tue)

会話が大事

最近の悩み事は 人間関係でした。
こんなに悩むなんてめったににないんだけど、一人でいると じわーっと涙があふれてくるの。
今思えば 疲れていたのかなあ?

長男の受験の事や仕事の事、 考える事が多くて がんばればがんばるほど 一人で空回りしていました。

もしかして 誤解があるのではと考え 相手に会いに行きました。
話してみると 誤解、勘違いの 積み重ね。
特に メールでの言葉が 自分の思惑を外れて独り歩きし、相手を傷つけていたのです。
メールって便利だけど 気持ちを伝えるには難しいです。

話して ちょっとづつ元気になりました。

体は正直。あんなにひどかった蕁麻疹もなくなりました。

ちょっとさびしかったのかなあ。
誰かにほめてもらいたかったのかなあ。

お前は おとなか!?思うような 出来事。

会話が大事です。
かおを見て話せるともっといいです。

2008-08-02(Sat)

前向きに前向きに

最近ショックな事がありました。
普段は元気で鈍感な私ですが、さすがに落ち込み 食欲も落ちました。
原因があって結果があるもの。
どんな嫌な事でも出来事には自分に責任があるのです。

眠れない日が続き 挙句の果ては 夜中に全身に湿疹ができ 自分でもやばいと思いました。

大学四年のとき 就職活動の疲れか 将来への不安か 体調を崩した事があります。
そのときも 全身に湿疹ができ 毎日薬を塗っていました。
原因不明の嘔吐で 突然路上でうずくまる事も。
卒業間際には 卵巣脳腫と診断され 手術をうけたり。

あの時は最悪だったなあ。
どうやって切り抜けたんだっけ??

自分が落ち込んでいても、家の仕事は待ってくれません。
掃除 洗濯 ご飯の支度、子度たちの送迎。
「お母さん、うざい!!」といわれながらも世話をやき、ばたばたと仕事へ出かけます。

お店に着いたら 暗い顔などできません。
むしろお客様と会話していたら 嫌な事など吹っ飛んで行きました。

うちのお客様って あったかい人ばかりなんですよ。
お客様に 安らぎと元気をあげられたら と心がけてやってっきましたが
逆にパワーをいただいています。
「暑いけどがんばってね」の一言や、「夕方おなかがすくでしょう」と 差し入れをいただくことも。
心に ジーンときます。
それから こんなだらしない私をフォローしてくれる スタッフ。
ホントにありがたいです。

前向きに前向きに!!
嫌な事のあとには楽しい事が待っていると信じて。
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード