FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-25(Thu)

子太郎が来た

私は小さいころ隣の犬にかまれた事があり、あまり犬に近寄らなくなってしまった。
唯一友人宅の愛犬 チェリーのみは可愛いと思う。
子供たちは 皆犬が大好き。
以前から犬が欲しいといってはいたが、どうせ面倒見るのは私になるに決まってる!  と拒否してきた。

そんな我が家に犬がやってきた。  名前は子太郎。
義母が 我が子のように可愛がっていた 芝犬である。

義母は 自分のことより子太郎のことをずっと気にかけていた。
どんなに自分がつかれていても 早朝と夜の散歩は欠かした事がなかった。
外出していても 子太郎が待っているからと 急いで帰る。
子太郎も 母が帰ってくると 尻尾を振って喜んでいた。

事故があった日 子太郎は 母をずっと暗い庭でぽつんと待っていた。
あとで聞いたことだが 最後は自分の毛布を食いちぎっていたそうだ。

動物病院で2ヶ月過ごした後 我が家に来ることになった。

常に 母のために何が出来るかを考えていた。
今 出来る唯一のことは 子太郎をしっかりあずかり面倒を見ることである。

立派な犬小屋も用意した。えさもたっぷり買った。
朝、晩の 散歩は 予想以上に子供たちがやってくれた。
私は そばを通ると必ず子太郎をなで、話しかけた。

我が家にきた当初は元気がなく心配されたが、1ヶ月たつとすっかり家族の一員になった。
子供が一人増えたようなものである。

寝るときだけはロープなしで玄関に入れてあげる。
家に入ってはいけないと言い聞かせ、大体いい子にしている。

でもたまに 朝がた鳴いて起こされることがある。
おなかがすいたのか のどが渇いたのか 早く散歩に行きたいのか。
乳児を育てている時期の母親に戻った気分。
寝不足で眠い。

ある日長男を早朝駅まで送り、へろへろだった私はもう1度布団に入った。
雨も降っていることだし、えさだけあげて 散歩は後回し。

はっと目が覚めたら変な物音。
居間に行くと いてはいけない子太郎が居間にあがり、しかもテーブルに上り、
長男の長ご飯の残りを食べていた。
「こら!! ナにやってんの!!」と怒鳴ると 部屋中を逃げ回る。
怒る私に背をむけ、しゅんとしている。

「ごめんなさい、もうしません、そんな怖い顔しないで」という声が聞こえてくるようだった。
すっかり うちの四男になっていた。

先日病院に、母に会いに行き、「子太郎はうちであずかってるからね!!
げんきだからね!!」 というと
「ああ、そうなの」母はうなずいていた。

いつかまた 母が子太郎を散歩できる日が来ると イメージした。
スポンサーサイト
2009-06-14(Sun)

マッスルミュージカル

私は コンサートに行ったり、ショーなどイベントに行くのが大好き!!
今日は、前から行きたかった マッスルミュージカルにいってきました。

休憩をいれて3時間にわたる公演。
ことばにできない 熱気と興奮。
男女合わせて40人くらいいたでしょうか?
休むひまなく 走り、跳び、踊り。
マジックあり 火も鳩もとびだすといった 意外性のある構成。
でもストーリー自体は ラブロマンスと冒険ものの合体といった感じで 年齢関係なく楽しめるステージでした。

出演者はほとんど20代でしょうか??
どれだけ練習を重ね、役作りに励んできたのでしょう。
裏には舞台に立てない控えもあったに違いありません。
その過程を想像すると、今の自分たちの世代にはない がむしゃらな気持ち、夢を追いかける気持ちが はっきりと見えてくるのでした。
大人もあんなふうでもいいのに。

時間を忘れ 会場一体のステージ。
やっぱりやめられません。
ここのところずっ忙しくと体は疲れていましたが、気持ちが軽く元気になっていくのがわかりました。

うちに帰って 息子に、「池谷直樹とハイタッチしたよ!!」と自慢している私はミーハーでしょうか?
2009-06-06(Sat)

お見舞い

ひさしぶりに義母に会いに行った。
事故から3ヶ月以上が過ぎた。
最悪のとき 私は母に呼びかけながら、治ることだけをイメージしていた。
そのときのイメージは、母はにこにこ笑って車椅子に座っている、幸せそうな母。
あのころは生死をさまよい、高熱が続き、そうなって欲しいと願うだけだった。

不思議なもので 今、母は車椅子に座っている。
正確に言うと車椅子の練習をしている。なんと立つ練習もしている。
本当に神がいるのなら 感謝の気持ちでいっぱいだ。
顔色もいい、ご飯も食べれるようになった。
母はがんばったのだ。

記憶だけがのんびりしている。
私が会いに行っても誰だかわからない。
「私誰だかわかる?」
「さあ、思い出せるかしら???エッと、だれかしら????」
「えいちゃんのお嫁さんのか・お・り。   かおりちゃんて呼んでたでしょ?   かおりちゃんていってご覧。」
「かおりちゃん」
「そうそう!!」
こんな感じ

たわいもない話をし、母は あ、そうなのお とわかったようにあいずちを打つ。
でも本当は 違うという事を みんなはしっている。

でもそれでもおしゃべりが出来るようになった。
笑うようになった。
私の手を握り返してくれるようになった。
ただ ここにいてくれる事が うれしいのだ。
少しくらい おかしなことを言っても いろんなことを忘れていても、会いにいけるということが幸福なのだ。

帰り際に
「お母さん、また来るね!!  それで私の名前なんだっけ??」
「うーん  誰だったかしら  ゆみこ??」
「違うでしょ、かおりちゃんでしょ?」

母は何か同じ事繰り返しながら ちょっと考えるフリをしていた。
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。