FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-18(Thu)

同期会

25年ぶりに会社の同期会が開かれる事になった。
以前勤めていたのはアパレルメーカー。
私と主人は同期入社である。

よくお客様に 洋服が好きなんでしょ?! と聞かれるが、10代~20にかけて、私はお洒落とは無縁であった;。
特に学生時代は 一人暮らしでお金がなく洋服を買う余裕はなかった。
花の女子大生には程遠く いつもトレーナーとジーンズと言った少年のような
格好をしていた。

就職活動の時期になり なんの会社を選ぼうかと考えた。
私は大學で教育学を学んでおり 友人は教師を希望する人が多かった。
一応 教員免許はとることにした。
教育実習にもいった。
中学生とのふれあいは新鮮で楽しく 実習が終わってからも生徒たちがアパートに遊びび来たり 年賀状のやり取りをしたりと 有意義ではあったが なんかぴんとこなかった。
体当たりでくる 生徒たちを 受け止める自信がなかったのか、まだ大人になりきれない自分に自身がなかったのか。
ラッキーなことに
当時、女性の就職は売り手市場だった。
男女雇用均等法の関係で 女性にもいろんなチャンスがあった。

そこで私が選んだのは営業職。
単純に 数字が苦手なので金融や証券は裂け 自分でも出来そうなのが アパレルの営業だった。

S61年入社同期はなんにんいたのだろうか?
指定された中華料理屋に行くと 40人前後の同期が集まっていた。
記憶をたどり みんなの名前と顔が一致するようになった。

あのころ 学生気分から抜け出せないまま 何ヶ月かの研修を期間をともに過ごした。
頼りなく おちゃらけていて 半人前の自分たちだった。
先輩たちに教えられ 鍛えられ 各部署 支店に配属になったみんな。
それ以来 会えずにいた人たちも何人かいた。

私は7年で退社した。
産休で復帰するという発想が起きないくらい 仕事は不規則でややハードだった。
深夜まで残業し 仲間で朝まで飲んだり、数字を追いかけ追いかけられ 奔走した日々が懐かしかった。

まだ一戦で活躍する同期を見て 心からすごいなと思った。
25年頑張っている。
フォレストの8周年なんて可愛いもんだ。

男性は皆貫禄がついていた。
白髪が増えただろうか?
アパレルだけあって 皆ダンディに歳をとっている。

女性は既婚も独身も皆きれいだ。
会社時代 ファッションの流れの中で仕事していた彼女たちは お洒落する習慣を忘れてはいない。

そしてみな 楽しみ方 はめのはずしかた?を知っている。
遊ぶときは楽しく! 仕事は厳しく! それがはっきりしていた業界だった。

楽しい時間はあっという間で 深夜2時間の岐路についた。
ご機嫌になっている 身近な同期をつれて帰らなければいけない。
みんなに手を振り、主人と一緒に帰るのがちょっとふしぎな感じだった。




スポンサーサイト
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。