FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-09(Sun)

ニ男 のこと

二男の高校受験である。
2年前の長男の受験を経験しているから 様子はわかるものの やはり心配である。

夜布団に入っても そのことが頭に浮かんでくる
二男のことを考えていると、過去のたわいもない出来事が思い出された。

小さいころ いつも鼻をたらして泣いていた彼。

5歳の兄が 近所の原っぱにある 側溝をぴょんと飛び越えるのをみて 3歳の彼は自分も飛ぶのだとダダをこねた。
とめる間なく飛び越えようとした彼は 渡りきれず 側溝の角に頭をぶつけ 墜落して泣いていた。
悔しくて泣いていたのか? いやあれは痛いだけだった。
血まみれの彼を私は抱きかかえ 病院に連れて行き 5針縫った。

もうすぐ彼が4歳というとき 彼は交通事故にあった。
地域の育児サークルの帰り道、4M道路の反対側で友達と遊んでいた。
「ママ-!!」と私の元に駆け寄ろうとした瞬間 トラックが彼の姿を消した。
ボンッ!という鈍い音がし、何かの破片が飛び散っていた。
トラックが止まった瞬間 頭から血をだらだら流した彼が ふらふら歩いて来るのが見えた。
生きていた。
1ヶ月間 彼はフランケンシュタインのようだったが 生きていてくれたことに感謝した。

小学校1年生のとき、同じクラスに人気者の男の子がいた。
スポーツ万能で 活発で 勉強がよく出来たらしい。
ある日二男は その子と どうしても遊びたいのだと泣いて駄々をこねた。
人気者だった男の子との 約束は成立しなかった。

どちらかというと 二男は 友達をつくるのが下手なのでは?と親なりに心配した。
勉強では 九九のテストをなかなか合格できず クラスでラストだった。
勉強の面でも かなり心配だった。

何でもそつなくこなす長男と比べ 二男は要領が悪かった。
怒られるとわかっていながら 自分の我を通すため街中で狂ったように泣いたものだ。

しかし成長とは面白いものである
びっくりしたのが 家では殆どしゃべらずスイッチOFFなのに  中学では有名なほどのお笑い芸人になっていた。
いろんな友達が出来、家に遊びに来た。
仲間で バンドを組み エレキギターの練習をした。
応援団長などを勤め クラスの中心にいることもしばしばだった。
何よりも秀でていたのか 彼の描く絵、工作。
その突拍子でもない想像力にびっくりした。

以前子供の成長に及ぼす親の影響は2割に過ぎないのだと聞いたことがある。
私の中での二男は 頼りなく いつも駄々をこねているイメージだったが、
確実に親以外の刺激で変化していった。
学校の先生 友人 インターネット テレビ。
漫画の影響もあるかも。彼は、週間雑誌ジャンプ『命』だったから(笑い)

そんな彼が受験。
持っている才能を伸ばそうという周囲の勧めもあって 芸術系の学校を目指し勉強している。
結果はどうあれ それが又彼の変化の触媒になるのだと思う。

中1~中3 親的にはかなり頭にくる反抗期だったが、最近はそれもおちつき穏やかな笑顔を見せるようになった。
花盛りのニキビを気にして 毎朝長い時間洗面している。
二男は 面白いやつだ。
これからの 変化も見ものである。



スポンサーサイト
2011-01-03(Mon)

76歳の義母

お正月だから 全員集合。
私たち一家と義姉一家と 皆で義母のお見舞いに行った。

主人が腕を振るって お魚料理とお雑煮を 姪が手作りのケーキを持ってきてくれた。

病棟に 義母の姿が見当たらない。
ちょうどお昼の時間だったので 殆どの患者さんが食堂でもくもくと食事をとっていた。

義母は何処でしょう?と看護婦さんに尋ねると案内してくれた。
日のあたる食堂の窓際に 義母が1人でいた。

昼食のお盆を目の前に母はうなだれる格好で 居眠りをしていた。
白いご飯に 食べかけのスプーンが刺さっていた。

私は切なかった。
哀れという感情とも違う。

お正月の いつもよりも活気のある食堂で 義母は 眠気に勝つことが出来ないくらい 老いたような気がした。
私は無理に起こすことをしなかった。
もう少しだけ眠らせてあげようと思った。
義母を制覇している睡魔を 私の力で振り払う自信がなかった。

寝ぼけている母だったが 皆が見守る中 食事を取り始めた。
「いいお味です」と主人が作った雑煮の汁をおいしそうにすすった。


12月の誕生日で76歳になった義母。

2011-01-03(Mon)

ちょっと前のハッピーなこと

「22日は水曜日でしょ、そんで23日は祭日でしょ、これはチャンスだと思うんだよね」 と主人がにこにこしていた。
そのときの主人が 酔っ払っていたのか しらふだったのか 覚えていないが、22日の結婚記念日が 私の休み、そして次の日の祭日は 国民の休み。
だから ちょっと サプライズを計画しているんだといったようなことを 言っていた。

サービス精神旺盛で 人を喜ばせることが大好きな主人。
ここ何年間か その対象が 妻の私ではなかったのが、何のきっかけか 私の番がやってきた。

「お台場のレストランを予約したよ、何処だと思う?」
と 子供が秘密を打ち明けるような うしし といった顔で 主人はそこにいた。

あ、そのホテルは 最近イベントで行ったばかりだと ちらっと思ったが、でもやはりうれしかった。

3人の子供たちはお留守番。
昔は 3人がどうしているかと気になって仕方なかったものだが、今年は 親が仲良く出かけるのは子どもにとってもうれしいことだろうと開き直ることが出来た。

17.15.13歳になる3人。
親より 違う人たちをも必要とし始めている。
それが 彼女なのか 友達なのか 定かではないが
年々 家族5人の共有する時間が少なくなりつつある。

夫婦仲良くしなければ と頭でわかっていながら出来ない何かがある。
きっとうちだけではない、友人に聞き込みをして知る範囲内、問題ない夫婦は少ない。
だから こんな機会は いいきっかけになる。

昔のように待ち合わせをしてみた。
昔同様 私が頓珍漢なところで待っていたようで、主人はいらだっていた。
これもまた 昔と変わらす。

おいしそうにお酒を飲み 料理のうんちくを語るのも 昔と変わらない。
家ではいやで仕方がないタバコの煙も その場ではぜんぜん気にならなかった。
お酒が強く羽目をはずす主人を 魅力的だと思ったのだ、昔は。


昔同様 会計を主人が済ませる。
19年前と違う点といえば そのカードの請求が我が家にくることだ。
 
それまではハッピーでいられるかな。

とにかく感謝の日でした。


2011-01-02(Sun)

年末に

年末はいろんな友人に急いで会った。
会いたいと思ったときに会いたいと思った人に会うのがいい、と私は思っている。

その一人、買い物の途中、ある友人の家に立ち寄った。

まじめな友人。 家事に手抜きをしない。寝不足が普通、無理をしてしまう。
そのせいか 時々具合が悪くなってしまう彼女。
最近のメールで ご自分のお母様が入院され悲しい思いをしていることを知った。

訪れたとき彼女は思ったより元気そうで 私はほっとした。

何故 彼女に会っておこうと思ったのか。
彼女が落ち込んでいないか 気になった?
彼女を慰めたかった?
この1年 お互い頑張ったねと 握手をしたかったのか?

極端な話だが、次の日私か彼女が 不慮の事故でなくなったとしたら 気になりながら 会わなかったことを後悔するだろう。
会いに行かなかった自分を責めるだろう。

私は 誰かに会おうかな どうしようかな と迷ったときは あえてそんな考え方をする。
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。