FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26(Sat)

そして発表の日

お店の電話が鳴った。
いつもどおり 「リサイクルルームフォレストでございます。」と出る。
二男だった。
「だめだった。。。」と二男の低い声が聞こえた。
「これからお母さんのお店に行くから」
予想外の電話ではなかったが 狐につままれた感じ。

今日は二男の第一志望の高校入試の発表だった。

二年前 同じく長男の高校受験の発表連絡ををお店で受けた。
そのときは90%不合格だと思っていたにもかかわらす 吉報だった。

今年は逆だなあと思った。

試験の日、発表の日、あえて私は休みをとらず いつもどおり仕事をする。
そのほうが気がまぎれるし 本人にプレッシャーをかけずに済むと思った。

ガチャッ、お店の裏口から  二男が入ってきた。
「お疲れ!」と声をかけると
「ああ。。。」といって座り込んだ。

お店に寄ったのは この先の方向性を決めるためだ。
万が一不合格だったら お母さんのお店に寄りなさい と言ってあった。
埼玉は 今年が最後だが 後期募集がある。再チャレンジする者、
滑り止めの私立に行く者。どうするかを今日決めなければいけない。

こんな日に限ってお店は忙しい。珍しいほどお客様がひしめき合っている。
電話も多い。   お客様が途切れたら 話そうと思っていたが タイミングが悪い。

私自身 元気がないのを悟られないよう 明るく接客に努めた。
そう ガッがりしていないはずはない。
横にいる 二男の様子も気がかりだ。
ちらっと見ると 居眠りしているような格好で顔を伏していた。
鼻をすする音がしたので 泣いてるのかな とドキッとしたが ただの花粉症らしい。


今日は優先順位を変えようと決めた。
「うどんでも食べに行く?」と声をかけた。
「いいね。」と二男は気持ち明るい表情になった。
張り紙をして2時間ほどお店閉め 近くのうどん屋にいった。

ため息はついていたが ショックで立ち直れないと言った様子でもなかった。
「仕方がないよ。あの学校とは縁がなかったんだよ。」と私はあえてあっさり片付けた。
だって本当にそうだと思うから。悔やんでも仕方がない。
そして次の対策をどうしようかと2人で考えた。

実は二男の受験にひっかけて 私は自分であることをやり遂げようと目標を立てていた。
2月24日は 2人で合格しようと決めていた。
彼を横目で見ながら 私も頑張っていたつもりだったが この時点でいまだクリアしていなかった。
2人とも最後のつめが甘かったんだなあ。

思ったより食欲があるのにほっとした。
私も少し気持ちが落ち着いたのか 温かなうどんがとても美味しかった。
考えてみたら 二男と2人だけでで外食をすることなんて今まで殆どなかった。

今 彼は初めての試練?を体験している。
「ダリ~(だるい)」と言いながらも 自分がどうすべきかを考えている。
自分で選択することが大事。 これからはその繰り返しになっていくことだろう。
彼は迷いながらも再チャレンジの選択を決めた。

壁際の席には 隣の学区の中学3年らしき男の子と お母様、おばあ様 3人でご飯を食べている。
合格のお祝いをしているのか。
でも 羨ましいとは思わなかった。

神様が 2人に 目標到達の期限を延ばしてくれた。
親子でもう一がんばりしようと思った。






スポンサーサイト
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。