FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-26(Sat)

あとどの 

父の命があと2.3週間かもしれないと 告げられた。

その知らせを受けたとき 私はパーティの席にいた。

美味しいお料理をいただき、盛り上がるはずだった。
気分転換に来たイベントが、皮肉にも逆になってしまった。
楽しみにしていたエンターテイメントの歌手がステージで素敵な歌を歌っていたが そのしんみりしたメロディがいっそう悲しい気持ちにさせた。
隣では 仲のよい友人が 仕事がうまくいったのだと上機嫌で笑っていた。
普段は大好きなその子の笑顔が、そのときだけはなんて残酷なんだろうと思った。こんなことってあるんだ。
もちろんその子は何も知らない。
私だけが 『場違い』のところにいる気がした。

そして もうすぐその3週間になる。

週末や定休日を利用して盛岡に帰る。
父に会いたいのはもちろん、病院に泊まりっぱなしの母を楽にさせてあげたかった。
忙しい兄も義姉も 母の送迎をしたり付き添いを変わったり 家族が出来る以上のことをしている。

病室に入り「お父さん!」と声をかけると、父は私だとわかっているのだろうか?
「おー、、、」とか言いながら目を開けようとする。

モルヒネの量が増えたせいか 眠っている時間が長い。
父の寝顔をじっと見つめる。
子どもみたいで 可愛い。

目を覚ますと 私の言うことを素直にきき 顔をふいたり うがいをしたりする。
あーんと口をあけさせると 子供のように声をだして「アーン」とベロを出す。
口の中が渇いて どこからか血が出ていた。

人の入れ歯を洗ったのは初めてだ、
こんな大きなものを 父は口に入れてたのか。

もうろうとしている中でも 父は髭剃りを欠かさない。
習慣なのか性格なのか。
顔をタオルで蒸して、石鹸を顔に塗り ジョりジョりひげをそる。
くしで頭の毛をとかす。
ポマードをつけるといったが べたべたするからやめなよ と私が止めた。
白髪だが 髪はふさふさしている。
目が 黄疸のせいで黄色いが、それ以外は病人とは思えない。

ホントに3週間なのだろうか?神様が1ヶ月にのばしてくれたのだろうか?
もしかして年を越せるかも。
もしかして2人の孫の大学受験の結果報告を聞く事が出来るかも。

あれこれ考えながら帰りの新幹線に乗る。
そして すぐに爆睡。




スポンサーサイト
2011-11-24(Thu)

長距離ランナー

中2の三男が 駅伝の選手に選ばれ、張り切っている。

先日近隣の大会の応援に行った。

アンカーを務めた。
体が小さいから歩幅は狭い。
苦しい表情をしながらも おなじリズムで前へ前へと行く。
自分のペースを乱さず、それでいて自分より少し早いランナーを意識しながら走っていた。



私も6年位前 マラソンに挑戦した事がある。
名栗湖を1周する5キロマラソン。

スタートし、最初は軽快。これならいけるかと思うが、2キロあたりでペースダウンする。
マラソンなんかやめればよかったと後悔する。
なんで 名栗湖って こんなに広いのかと 文句を言いたくなる。

でもあるとき、苦しさを通り越し、走っている事が当たり前になる。
周りの景色が目に飛び込んでくる。
あの気持ちよさは なんともいえない。
もし 順位にこだわらなければ 私はゆっくりゆっくり どこまでも走り続ける事が出来る。



今 フォレストは9周年記念 秋の感謝祭を開催している。
いよいよ 10年目に突入。
10年をとりあえずの目標に続けてきたが あっという間だった。

最初は不安だらけだった。
続けていけるか自信もなかった。
予想外に冬の立ち仕事は冷え、しもやけと格闘しながら店に立った。
保育園の送迎の時間に追われ こどもの学校行事は殆どパスした。
留守番させる事が多く ごめんねごめんねと謝りながら お店に通った。

しかしある時期 もう大丈夫だと思えた。
小さいころ 自転車の補助輪を取る練習をしていて ふっと乗れるようになった瞬間
ずっと出来なかった逆上がりが あるときいとも簡単に出来るようになった感覚。

それは、利益的なものではない。
お店をやっていることが 生活の一部となり焦りや不安がなくなった。
お客様が少ない日や売上げが少ない日もあるが それは一つの現象に過ぎない。
もちろん 維持するのに最低限必要なものがあるが お客様のおかげでなんとかなっている。

マラソンと一緒だなあと思う。
自分のペースで 時々エネルギーを補給し 雨でもかんかんでりでも とりあえず走る。
応援してくれる人がたくさんいる。
走り続けている私を見て パワーをもらったよ といってくれる人もいる。
走っていくうちに辛さを感じなくなる。
調子が悪ければ ペースダウンする。

そのうち走る事が楽しくなって 他の人を巻き込みたくなる
続ける事が大事。
持久力が勝負!!





プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。