FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-09(Thu)

夕涼み会 義母と

「病院の夕涼み会があるから一緒に行かない?」と義姉が誘ってくれた。
義母がずっとおせわになって病院は明るくきれいで
設備が整っている、医療と介護のバランスのとれた病院だ。。
スタッフの方々も明るくしっかりしていて好感がもてる。 運動会やら お花見やら 季節ごとの行事を企画しては 入院患者やその家族を楽しませてくれるが、車椅子の患者さんが多い中での行事は 大変なご苦労があることだろう。

私も義姉も夕涼み会は 初めてだったが それほど期待していなかったし、正直言うと半分義務感でいった感じだった。

病院に着くと、 広い駐車場にテントがいくつも張られ 人でごった返していた。
車椅子の患者さんが多いせいもあって 隙間のないほどにぎわっていた。

「お母さん、ヨーヨー釣りやる?」
「うん、やる」
ぎこちない動作でピンクのヨーヨーを狙って釣ろうとする。
ワッカとは見当違いのところをつついているので、スタッフの女性が気を効かして、義母の持っている針がねにワッカを引っ掛けてくれた。
「ヤッタ-!!、お母さん釣れたよ!!
母は大事そうにヨーヨーを両手で包むようにして、時折口に近づけてなめたりしていた。」
「お母さん、それは美味しくないよ」と義姉がにが笑いながらたしなめていた。

「お母さん、焼きそば食べようか?」
「うん、食べる」
屋台の焼きそばにしては味がよく、スタッフの方々が一生懸命つくった思いが伝わってくるようだった。
「太麺で美味しいね」といいながら3人は一パックずつペロッとと平らげた。
義母の胸元にはたくさん麺がこぼれていたが、それだけ義母が夢中で食べていたのだと思うと微笑ましかった。

「お母さん、綿菓子食べる?」
「うん、食べる」
母は、顔に大きなまん丸の綿菓子をくつけて、大きな口をあけてトライしていた。こどもみたいでかわいらしかった。
うまく食べれないとわかったのか、しばらくすると、指でむしりながらおいしそうに食べはじめた。

舞台の横では簡単な打ち上げ花火が上がっていた。
「私、今年初めての花火大会だわ」と言って義姉は笑った。

そしてメインイベントの川越太鼓が始まった。
太鼓の音はなんとも言えず、いい。
おなかにずしんずしんとくる。
10人くらいの小学生の子ども達が、一糸乱れずポーズをとって太鼓をたたく。
どれだけ練習したのか、本当に見事な太鼓だった。
「頑張って!!」と母は手をたたきながら うれしそうにしていた。

義母も義姉も私も 夜風にふかれ、人のざわめきと迫力ある太鼓のハーモニーのなかで ぼんやりしていた。
現実を忘れ ただただ心地がよかった。

病室に戻ると 「林さん、いい顔してるね」と看護士さんに声をかけられた。
義母は、これまでに見たこともないような穏やかな笑顔でいた。
今日は参加して本当によかったと思った。
私も義姉も、義母の心が癒されているのを見てうれしかった。

義母は昔、看護士だった。
勉強して養護教諭の道に入り 定年後は老人施設のボランティアの窓口の仕事をしていた。
そのころ 介護の現場がいかに大変だという事、それなのに収入が保証されないため優秀な人がどんどんやめていってしまうことを よく義姉に漏らしていたらしいう。
皮肉にも 今その同じような現場の中にいる。しかも介護される側、患者として、

仕事とはいえ たくさんの車椅子の患者さん安全を確保し 大いに楽しませてくれたスタッフの方々に感謝ししたい。
「あの病院ってさ、女の子はみんな可愛いし、男の子はイケメンが多いよね」
「みんな 明るくて 感じいいよね」
そんな会話をしながら 私と義姉は病院を後にした。





スポンサーサイト
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。