FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-22(Mon)

高3の夏

今高3の二男は、小学校3年のとき野球を始めた。
特に野球に興味があった訳ではない。
一足先に少年野球を始めた兄の付き添いで出入りするうちに、なんとなく入部した。
それなりに上手になり活躍もしていた。

中学生になり またなんとなく野球部に入部した。他にこれといってやりたいこともなかったらしい。
普通に練習に参加し、まあまあ活躍していた。
少年野球でセカンドだったのが、中学ではサードを任されていた。

仲間がみんな仲がよかったから、まあまあがんばり楽しい野球をしている感じだった。

私は野球の応援に行くのが好きだった。
子どもががんばっているのを見ると パワーをもらえる。
三人の息子が野球をやっていたから 3人にできる限りのサポートをした。
車だし 弁当つくり、ユニフォーム洗い、試合では声を張り上げて応援した。

高校生になり、二男はまた野球部に入部した。
顧問の先生の誘いを断りきれず体験練習に行ったところ、気のいい先輩たちにかわいがられ、そのまま入部した形になった。

チームは決して強くはなかった。
人数も少なく 練習もゆるかった。先輩たちの数人が、タバコをすっているのを見つかり停学処分になっていた。
まるでTVではやった ”ルーキーズ”のようなチームだった。
それでも ふらふらしているより何か運動をしていたほうがいい 位の気持ちで私はみていた。

そんな二男の周辺が高2の秋から変化した。
新監督が就任し、部長が変わり、新体制になった。練習メニューがガラッと変わり、超厳しくなった。
厳しい反面、指導者の方々は 手取り足取り 丁寧に指導してくれた。
そのおかげで 練習試合でしばしば勝つことができた。

二男はまさかのキャッチャーを任せられた。怒鳴られながら 練習に練習を重ねた。
生まれてはじめての しかも要の司令塔。
取れなかったボールが だんだん取れるようになり、10回怒鳴っていた部長先生も1回ほめてくれた。
なかなか声が出なかったのが 各ポジションに声をかけ 盛り上げて行った。

二男が徐々に変わって行くのがわかった。
今まで何となくやっていた野球だったが、野球がしたくて仕方がない というエネルギーが満ち溢れていた。
期待されたことの喜び、 辛い練習に耐えた自信、 いろんな要素が集まり、キャッチャーらしくなって行った。

夏の最後の大会は 七年ぶりに初戦を突破を目標にしていた。
勝利が決まった瞬間 バッテリーが抱き合い うれし涙を流しているのを見て 親たちももらい泣きした。
選手のがんばりと 指導者の方々の力量と 保護者のサポートが ついに結果となった。

次の試合は強豪チーム相手にコールド負けだった。
彼の10年間の野球生活が終わった。

試合後彼が グシャグシャになってないているのを見て 私は意外だった。
今まで負けても 感情を出したことがない彼があんなに泣くなんて、負けて悔しかったのか、これで引退なのかという寂しさなのか。

すると 彼が涙を拭きながら 真っ黒の顔で私のところにやってきて、「今までありがとうございました」
といって頭を下げた。涙声だったのでよくわからなかったが おそらくそんな内容だったと思う。
私は感動して抱きしめたかったが あまりにもでかくなっていて届かず 肩をたたいてやるのがやっとだった。
「何、泣いてんだよ!! がんばったね!! 」

調子に乗って 腕を組んで記念写真を撮った。
二男は 泣きべそ、私は満面の笑みだった。
二人で写真を撮るなんて何年ぶりだろう?
高3の夏が終わる いい記念品ができた。


スポンサーサイト
プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。