FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-01(Sat)

高校野球

夏の高校野球のシーズン。
ここ埼玉でも熱い戦いが繰り広げられた。
チャンスを逃さず、ピンチをしっかり切り抜ける。
一球一球に集中しているチームが勝ち抜いていく。
そして 地元飯能の高校が甲子園への切符を手に入れた。

層が厚いチームとは聞いていたが、部員が100人近いという。
甲子園のベンチに入れるのはたったの18人。
その中でもスタメンで試合に出るのには どれだけの努力を重ねて行ったのだろう。

そのうちの1人はうちの子供たちが御世話になっている少年野球チーム出身である。
先輩が甲子園に行くという事は後輩にとっても大きなホコリである。
その子のご両親とお話しすることが出来た。

少年野球時代は、自分のミスを父親に叱られ、3塁ベースの上で泣いた事や
帰りの車の中で父親に悪態をついて車から降ろされ、ランニングで家まで帰ったこと。
父親に勝てなかった小学生時代。

中学高校と、厳しい練習に耐え、実力もつき、そのころはもう親は口を出す必要がなかったという。
誰もが最初からうまかったわけではなく 本人のやる気と頑張りが花開いたのだろう。
ベンチ入りした子もそうでない子にも拍手をおくりたい。

町中が喜びと興奮で活気づいている。
野球そ好きな人も好きでない人も、口を開けうばれしそうに優勝の話題。
大人が子供から元気をもらっている。

そんな中 昨夜 高1の息子の友達が泊まりに来た。
うちのも含め高校球児。
真っ黒に日に焼け、白いYシャツがまぶしかった。
鍛えているだけあってがっちりと頼もしかった。

礼儀正しく爽やかで、それでいてあどけない感じ。
みんなで 夕飯の焼肉をもりもり食べていた。
いつもよりご飯がどんどんなくなるのが なんだかうれしかった。

この子たちも高校生活の殆どを野球にエネルギーを注いで行くのだろう。

応援してやりたいと思った。
一緒に汗を流し 
もしかして一生の友達となるかもしれない仲間。
励ましあって 一緒にがんばって欲しいと思った。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。