FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-02(Fri)

一周忌 そして お見舞い

今年の2月、そろそろ義父の一周忌だねと相談し日にちも決まっていたころ、義母が交通事故にあった。
そのため一周忌が延期されたままになっていた。
義父は怒っていた事だろう。
何事も計画通り きちんきちんとやらなければ気の済まない義父だったから。

約7カ月おくれだが、一周忌を終えることが出来た。
こじんまりと内輪だけ、主人と、義姉、私。そしてたまたまインフルエンザで学級閉鎖になっていた姪っ子がきてくれた。

義父の好きだったグレープフルーツをお供えした。
義父のお気に入りのいちろくタルトが売り切れだったの と義姉は残念そうに言っていた。
でもそのあと 代わりに 鳩サブレを買ってきたの お父さん好きだったから 鳩サブレおいしいよねえと にこっとした。

墓前で4人は手を合わせた。
私は 家族が元気である事を報告し、これからみんながうまく行くよう見ていて欲しいとお願いした。
それから義母の回復も。

一番長く手を合わせていたのは主人。
いつも態度がでかく図々しい主人だが、このときだけは従順な息子に戻っている。
たくさんのお願いごとに儀父は呆れているかも。

毎年8月、両親と私たち家族と、義姉家族でお墓参り来るのが恒例になっていた。
毎年集合写真を撮る。
その写真を見ては子供たちの成長を確認し、みんなで昔の話や、大人はふけたとか太ったとか たわいもない話をしたものだ。
この2年は その集合写真も途絶えてしまった。

帰りはお決まりの和食レストランに行く。
両親にご馳走になっていたのが 
今年は義姉が出してくれた。

義姉はいつも明るい。
自分の娘と友達のように話しけらけらと笑う。
きれいで 頭がよく 思いやりがある。
そんな義姉が大好きで 羨ましくもあり 自慢でもあった。
私以上に 主人もそうに違いない。

義母の事故とその後の手続きはすべて義姉がやってくれた。
保険屋との交渉 病院の手配 細かい買い物など
「母の世話は 私の仕事だと思ってるの」 と姉は言う
その言葉に私はずっと甘えていた。

帰りに義母のお見舞いに行った。

最近の義母はなんと歩行練習をしているそうだ。
半年前もう車椅子がやっとでしょうといわれたのがうそのよう。
義母はしんどそうだが、でも晴れやかな顔をしてバーをつたって歩いている。

相変わらすわけのわからないことばかり言い、最近はもっぱら 昔、養護教諭時代の心配事ばかりを永遠と話している。
母のなかでは 主治医の先生は 担任の先生になってしまっている。そんな母の話に 姉はまたけらけら笑っている。
義姉ってホントに笑顔が耐えない人だなあ とつくづく思った。
義母の顔がどんどん穏やかになっていく。

この2年間の林家のアクシデントは 義姉の明るさに助けられ乗り越えてきた。
私は まだまだだなあ とぼんやり思った。

そして改めて 感謝したいと思った。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

リサイクルルームフォレスト

Author:リサイクルルームフォレスト
リサイクルルーム フォレスト オーナーの林です。リサイクルショップを経営しています。明るく清潔な店内、お洒落で高品質な品揃えがモットーです。

HPから通販も行っています。是非ご覧下さい。

 http://www.roomforest.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。